堀柳女(読み)ほり りゅうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀柳女 ほり-りゅうじょ

1897-1984 大正-昭和時代の人形作家。
明治30年8月25日生まれ。竹久夢二と知りあい,人形作りをはじめる。昭和9年野口光彦,鹿児島寿蔵らと甲戌(こうじゅつ)会を結成,創作人形運動をおこした。帝展,日展などへ出品して受賞をかさね,30年衣裳(いしょう)人形で人間国宝。昭和59年12月9日死去。87歳。東京出身。本名は山田松枝。代表作に「瀞(どろ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀柳女
ほりりゅうじょ
(1897―1984)

衣装人形作家。本名山田松枝。日本画家から人形創作に転じ、竹久夢二を中心とする手工芸展に加わって、古い裂地(きれじ)を生かした小さな人形作りで独自の領域を開いた。1936年(昭和11)第1回帝国美術院展覧会(帝展、後の日展)に「文殻」を出品し、鹿児島寿蔵(じゅぞう)、平田郷陽(ごうよう)ら5人とともに初入選し、人形作品を芸術の位置に高めた。37年女性による最初の創作人形塾を開く。55年(昭和30)重要無形文化財保持者に認定された。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android