コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀田弥一 ほったやいち

3件 の用語解説(堀田弥一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀田弥一
ほったやいち

[生]1909.1.30. 富山
[没]2011.2.23. 東京
登山家,日本山岳会名誉会員。1936年,インドナンダコート(6867m)に立教大学隊隊長として遠征,日本人で初めてヒマラヤ(→ヒマラヤ山脈)登頂に成功した。当時日本アルプスでは慶應義塾大学京都大学早稲田大学東京大学などの伝統校がきそって冬季登山に邁進し,立教大学も堀田リーダーのもと,ほかの大学が手をつけない後立山連峰の黒部側などに精力的に通った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほった‐やいち【堀田弥一】

[1909~2011]登山家。富山の生まれ。昭和11年(1936)、立教大登山隊の隊長として北インドの未踏峰ナンダコートに挑み、日本人初のヒマラヤ登頂に成功した。著作に「ヒマラヤ初登頂」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀田弥一 ほった-やいち

1909-2011 昭和時代の登山家。
明治42年1月30日生まれ。立大山岳部で立山,黒部などの冬山で活躍。昭和11年立大ナンダ-コート遠征隊隊長として日本最初のヒマラヤ遠征をおこない,全員登頂を成功させる。29年第2次マナスル隊隊長などをつとめた。平成23年2月23日死去。102歳。富山県出身。著作に「ヒマラヤ初登頂」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

堀田弥一の関連キーワード階乗数値積分スターリングの補間公式エヌ没・歿勃・歿・没富山かぶ富山県富山市本丸Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀田弥一の関連情報