コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀田弥一 ほったやいち

3件 の用語解説(堀田弥一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀田弥一
ほったやいち

[生]1909.1.30. 富山
[没]2011.2.23. 東京
登山家,日本山岳会名誉会員。1936年,インドナンダコート(6867m)に立教大学隊隊長として遠征,日本人で初めてヒマラヤ(→ヒマラヤ山脈)登頂に成功した。当時日本アルプスでは慶應義塾大学京都大学早稲田大学東京大学などの伝統校がきそって冬季登山に邁進し,立教大学も堀田リーダーのもと,ほかの大学が手をつけない後立山連峰の黒部側などに精力的に通った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほった‐やいち【堀田弥一】

[1909~2011]登山家。富山の生まれ。昭和11年(1936)、立教大登山隊の隊長として北インドの未踏峰ナンダコートに挑み、日本人初のヒマラヤ登頂に成功した。著作に「ヒマラヤ初登頂」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀田弥一 ほった-やいち

1909-2011 昭和時代の登山家。
明治42年1月30日生まれ。立大山岳部で立山,黒部などの冬山で活躍。昭和11年立大ナンダ-コート遠征隊隊長として日本最初のヒマラヤ遠征をおこない,全員登頂を成功させる。29年第2次マナスル隊隊長などをつとめた。平成23年2月23日死去。102歳。富山県出身。著作に「ヒマラヤ初登頂」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀田弥一の関連キーワード宣誓阿見201久仁明心憎い粕屋(町)周遊券ポエニ戦争大下 弘スバルレオポルド2世

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀田弥一の関連情報