コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀田恒山 ほった こうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀田恒山 ほった-こうざん

1709-1791 江戸時代中期の国学者,俳人。
宝永6年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。天野信景(さだかげ),松平君山(くんざん)にまなぶ。俳諧(はいかい),狂歌にも通じ,横井也有(やゆう),大田南畝(なんぽ)と親交があった。寛政3年7月20日死去。83歳。名は方致,方旧(まさひさ)。字(あざな)は維新。通称は治右衛門。別号に六林,未足斎,護花関など。著作に「護花関録稿」「護花関随筆」など。
【格言など】泣き言や談合評定銭の沙汰これより内で堅く禁制(居宅の壁書)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

堀田恒山の関連キーワード堀田六林堀田方旧

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android