コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報本反始 ホウホンハンシ

デジタル大辞泉の解説

ほうほん‐はんし【報本反始】

《「礼記」郊特牲の「本に報い、始めに反(かえ)る」から》自然や祖先恩恵に報いるという道徳観を示す語。日本では幕末より第二次大戦まで、祖先信仰と国家神道推進のため政府により盛んに鼓吹された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうほんはんし【報本反始】

〔「礼記郊特牲」より。本に報い始にかえる意から〕
祖先の恩に報いること。儒教的理念の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

報本反始の関連キーワード理念

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android