コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塞栓症 そくせんしょう embolism

翻訳|embolism

3件 の用語解説(塞栓症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塞栓症
そくせんしょう
embolism

血管やリンパ管内で生じた栓子や,血管外から侵入した異物によって小血管の内腔がふさがれて起る病気。心臓内に生じた血栓によることが多く,骨折や外傷の際,破壊された組織から遊離した脂肪による脂肪塞栓,外科手術のとき誤って静脈に入った空気による空気塞栓などもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そくせん‐しょう〔‐シヤウ〕【塞栓症】

血管やリンパ管の中に、遊離した血栓や外部から入った脂肪・空気・寄生虫卵・細菌などの異物が詰まり、流れを止めるために生じる循環障害。詰まった場所から末端の組織に機能障害や懐死(えし)を起こす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そくせんしょう【塞栓症】

塞栓により、血流障害を起こす病症。血栓塞栓症・脂肪塞栓症・空気塞栓症など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の塞栓症の言及

【血栓】より

… 血栓は,動脈よりは静脈にできやすく,また心臓では心耳や弁膜にできやすい。血栓は,水分が吸収されてもろくなり,ちぎれて血液の流れにそって体の他の部分に移動し,血管の内腔を閉塞して塞栓症の原因となる。2次的に細菌感染をおこすと,化膿,軟化して菌血症や敗血症の原因ともなる。…

【塞栓】より

血栓が流血中に脱落したり,異物が脈管内に流れ込んだりして,血液またはリンパ液により運ばれて,細い血管またはリンパ管に達して,それ以上進むことができなくなって管腔を閉塞する。このように管腔を閉塞したものを塞栓,このような現象を塞栓症embolismという。塞栓の大部分は血栓であるが,そのほか細胞や組織塊,脂肪,色素,寄生虫体および虫卵,細菌塊,ガスまたは空気であることもある。…

※「塞栓症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塞栓症の関連キーワード血液血リンパ上皮内癌リンパ管リンパ管腫血管内凝固症候群弁膜内皮細胞腸リンパ管拡張症リンパ管拡張

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塞栓症の関連情報