コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塞栓症 そくせんしょうembolism

翻訳|embolism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塞栓症
そくせんしょう
embolism

血管やリンパ管内で生じた栓子や,血管外から侵入した異物によって小血管の内腔がふさがれて起る病気。心臓内に生じた血栓によることが多く,骨折や外傷の際,破壊された組織から遊離した脂肪による脂肪塞栓,外科手術のとき誤って静脈に入った空気による空気塞栓などもある。脳,腎臓の血管,冠状動脈などを侵すことが多く,この場合は,脳軟化症,肺の出血性梗塞,腎臓の貧血性梗塞を起す。治療には抗凝固剤などを投与する薬物療法や塞栓摘除術その他が行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そくせん‐しょう〔‐シヤウ〕【塞栓症】

血管やリンパ管の中に、遊離した血栓や外部から入った脂肪・空気・寄生虫卵・細菌などの異物が詰まり、流れを止めるために生じる循環障害。詰まった場所から末端の組織に機能障害や懐死(えし)を起こす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そくせんしょう【塞栓症】

塞栓により、血流障害を起こす病症。血栓塞栓症・脂肪塞栓症・空気塞栓症など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の塞栓症の言及

【血栓】より

… 血栓は,動脈よりは静脈にできやすく,また心臓では心耳や弁膜にできやすい。血栓は,水分が吸収されてもろくなり,ちぎれて血液の流れにそって体の他の部分に移動し,血管の内腔を閉塞して塞栓症の原因となる。2次的に細菌感染をおこすと,化膿,軟化して菌血症や敗血症の原因ともなる。…

【塞栓】より

血栓が流血中に脱落したり,異物が脈管内に流れ込んだりして,血液またはリンパ液により運ばれて,細い血管またはリンパ管に達して,それ以上進むことができなくなって管腔を閉塞する。このように管腔を閉塞したものを塞栓,このような現象を塞栓症embolismという。塞栓の大部分は血栓であるが,そのほか細胞や組織塊,脂肪,色素,寄生虫体および虫卵,細菌塊,ガスまたは空気であることもある。…

※「塞栓症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塞栓症の関連キーワード慢性血栓塞栓性肺高血圧症エコノミークラス症候群肺血流シンチグラフィー肺換気シンチグラフィーロングフライト血栓症TVエコノミー症候群ジェシー ベンチュラ原発性肺高血圧症結節性動脈周囲炎感染性心内膜炎産科的肺塞栓症羊水塞栓(症)心筋梗塞(症)大動脈弓症候群産褥静脈血栓症急性動脈閉塞症過換気症候群血小板増加症ビュルガー病拘束型心筋症

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塞栓症の関連情報