コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けん

世界大百科事典 第2版の解説

けん【塤】

中国・朝鮮の雅楽祭祀楽(孔子廟楽,朝鮮では文廟楽)に用いる球型の笛で,オカリナの一種。吹き口はまるい頂点にあり,上から吹く。指孔は5孔で,後ろに両親指用の2孔,前に左右の人差指と右中指用に3孔ある。指孔全部閉じて吹いたときにハ音を出し,全部開けたときにロ音を出すように作る。中国河南省二里岡遺跡から,日本では山口県綾羅木郷(あやらぎごう)遺跡から土笛が出土している。石笛や土笛は周代から使用が認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


けん

中国、朝鮮で用いた土製の笛。(くん、あるいは、かん)とも書く。土を焼いてつくり、石器時代の石(いわ)笛、土笛を起源とする。外形は底が平らな球形あるいは卵形で、内部は空洞である。上端に吹口、胴には5~8個の指孔があり、息を当てる角度を変えグリッサンドさせて演奏する。漢代以降清(しん)代まで雅楽の登歌(とうか)、楽懸(がくがかり)に用い、また俗楽にも用いた。宋(そう)代と明(みん)代には朝鮮に伝わり、孔子廟(びょう)の祭祀(さいし)楽に用いられた。[卜田隆嗣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【中国音楽】より


[第1期]
 中国固有の楽器が出そろう時期で,分類法が考案されるほどの豊富な種類をもち,それによって楽理も整っていった。まず吹奏楽器としては,現存最古の陶製で1孔の(けん)がある。前4000年ころとされるが,以後,孔をふやして,殷代後期の前14~前12世紀には5孔塤となり,すでに1オクターブ中の11半音が吹き出せた。…

※「塤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塤の関連キーワード綾羅木郷遺跡グリッサンド前田東渓八音

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android