塩化セシウム(読み)えんかセシウム(英語表記)caesium chloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無色結晶 (立方晶系) 。密度 3.98g・ cm-3 ,融点 645℃,沸点 1290℃,比重 3.98。結晶構造は塩化セシウム型だが,450℃で塩化ナトリウム型へ転移する。水に易溶。エチルアルコールに可溶,アセトンに不溶。放射線透過写真のコントラスト剤に使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

CsCl(168.36).炭酸セシウムを塩酸に溶かし,蒸発結晶させると得られる.無色の結晶.格子は塩化セシウム型構造.格子定数a = 0.411 nm.原子間距離Cs-Cl0.345 nm.450 ℃ 以上では岩塩型構造に転移する.密度3.99 g cm-3.融点645 ℃,沸点1290 ℃.純粋の結晶は吸湿性はない.水に易溶,エタノール,メタノールに可溶,アセトンに不溶.気体分子はCs2Cl2.重金属の塩化物と結晶状の多くの複塩をつくる.他のセシウム化合物,光電管,感光性蒸着膜,蛍光体,触媒光ファイバーなどの製造,塩素化剤,密度勾配遠心用試薬などに用いられる.[CAS 7647-17-8]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android