塩野半十郎(読み)しおの はんじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩野半十郎 しおの-はんじゅうろう

1898-1984 昭和時代の考古学研究家。
明治31年8月19日生まれ。農業のかたわら東京八王子の犬目町中原などで住居跡の発掘を指導。加住(かすみ)丘陵の宮下遺跡で発掘した縄文中期の深鉢型土器は昭和49年度の重要文化財に指定された。水仙などの新種をつくった園芸家でもある。昭和59年9月27日死去。86歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android