コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真福寺遺跡 しんぷくじいせき

2件 の用語解説(真福寺遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんぷくじいせき【真福寺遺跡】

埼玉県岩槻市真福寺にある縄文時代後期末から晩期前半の遺跡。綾瀬川渓谷の左岸,岩槻丘陵の小支谷の奥に西面し,台地上にある後期の貝塚と,西側裾部の沖積地にある晩期の泥炭層からなる。この時期の安行(あんぎよう)式土器の名称は,川口市(旧,安行村)猿貝貝塚に由来するが,土器型式の実態は1926年に大山史前学研究所が発掘調査し,甲野勇が報告した本貝塚の出土資料を標準とする。その後山内清男は,貝塚出土の安行2式と泥炭層出土の安行3式を後期と晩期に区別し,安行1式から安行3C式にいたる編年の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真福寺遺跡
しんぷくじいせき

埼玉県さいたま市岩槻(いわつき)区城南3丁目にある縄文時代後期および晩期の遺跡。台地上に数地点の貝塚・住居址(し)が存在し、綾瀬(あやせ)川の谷に面した水田の一部に泥炭層が発達している。貝塚はシジミを主体とし、縄文時代後期から晩期前半に属し、泥炭層からは縄文時代晩期前半の遺物が出土した。台地上に存在した方形の住居址からは、石棒その他を含む晩期の遺物が出土したといわれるが詳細は不明である。第二次世界大戦前から知られた貝塚で、大山柏(かしわ)、山内清男(やまのうちすがお)、長谷部言人(はせべことんど)、甲野(こうの)勇、清水潤三ら多くの考古学者によって調査が繰り返された。東京大学人類学教室、国学院大学、慶応義塾大学に資料が保管されている。1975年(昭和50)国の史跡に指定。[鈴木公雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真福寺遺跡の関連キーワード縄文時代津雲貝塚岩槻真福寺蓮田岩槻市加曽利貝塚岩田遺跡大将軍遺跡戸沢充則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真福寺遺跡の関連情報