コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真福寺遺跡 しんぷくじいせき

世界大百科事典 第2版の解説

しんぷくじいせき【真福寺遺跡】

埼玉県岩槻市真福寺にある縄文時代後期末から晩期前半の遺跡。綾瀬川渓谷の左岸,岩槻丘陵の小支谷の奥に西面し,台地上にある後期の貝塚と,西側裾部の沖積地にある晩期の泥炭層からなる。この時期の安行(あんぎよう)式土器の名称は,川口市(旧,安行村)猿貝貝塚に由来するが,土器型式の実態は1926年に大山史前学研究所が発掘調査し,甲野勇が報告した本貝塚の出土資料を標準とする。その後山内清男は,貝塚出土の安行2式と泥炭層出土の安行3式を後期と晩期に区別し,安行1式から安行3C式にいたる編年の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真福寺遺跡
しんぷくじいせき

埼玉県さいたま市岩槻(いわつき)区城南3丁目にある縄文時代後期および晩期の遺跡。台地上に数地点の貝塚・住居址(し)が存在し、綾瀬(あやせ)川の谷に面した水田の一部に泥炭層が発達している。貝塚はシジミを主体とし、縄文時代後期から晩期前半に属し、泥炭層からは縄文時代晩期前半の遺物が出土した。台地上に存在した方形の住居址からは、石棒その他を含む晩期の遺物が出土したといわれるが詳細は不明である。第二次世界大戦前から知られた貝塚で、大山柏(かしわ)、山内清男(やまのうちすがお)、長谷部言人(はせべことんど)、甲野(こうの)勇、清水潤三ら多くの考古学者によって調査が繰り返された。東京大学人類学教室、国学院大学、慶応義塾大学に資料が保管されている。1975年(昭和50)国の史跡に指定。[鈴木公雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真福寺遺跡の関連情報