増井清(読み)ますい きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増井清 ますい-きよし

1887-1981 大正-昭和時代の畜産学者。
明治20年9月14日生まれ。昭和10年東京帝大教授となる。のち名大教授。初生雛雌雄鑑別法の開発で知られる。日本畜産学会,日本遺伝学会会長。昭和56年8月6日死去。93歳。静岡県出身。東京帝大卒。著作に「動物遺伝学」「家畜比較解剖学」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ますいきよし【増井清】

1887~1981 解剖学者・遺伝学者。鶏の性決定に関する遺伝学的研究で画期的な業績を残した。また、初生雛の雌雄鑑別法の開発を推進し、世界の養鶏業に多大な影響を及ぼした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

増井清
ますいきよし
(1887―1981)

獣医学者。静岡県に生まれる。1915年(大正4)東京帝国大学農科大学獣医学科を卒業後、ドイツのカイザー・ウィルヘルム研究所(現、マックス・プランク研究所)においてR・B・ゴルトシュミットのもとで「性の決定」に関する研究を行った。帰国後、1935年(昭和10)東京帝国大学教授に任命され家畜解剖学講座を担任、家畜解剖学・発生学・遺伝学の講義を受け持った。数多い研究業績のなかでとくに注目すべきものは、1924年に発表された『雄鶏ニ於(お)ケル退化交尾器官並ニ初生雛(びな)ノ雌雄鑑別ニツイテ』(橋本重郎(じゅうろう)・大野勇共著)で、この業績を基礎として開発された初生雛の指頭鑑別法は、日本の養鶏界の発展に大きく寄与するとともに、日本人鑑別師が世界各国で活躍する端緒となった。[正田陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の増井清の言及

【雌雄鑑別】より

…熟練した鑑別師は競技会で100羽の雛を100%の精度で3分間で鑑別する。この鑑別法は増井清らによって開発された日本独特の技術で,日本人鑑別師が世界各国で活躍してきた。(2)機械鑑別法 チックテスターという光学機械を用いて,機械の先端のガラスの曲管を雛の直腸に挿入し,腹腔内の生殖腺を直腸壁を通して外部からのぞいて鑑別する方法。…

※「増井清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android