コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壱和 いちわ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壱和 いちわ

890-967 平安時代中期の僧。
寛平(かんぴょう)2年生まれ。奈良興福寺の増利に法相(ほっそう)をまなび,学識は倶舎(くしゃ)宗の延祥と並び称された。天暦(てんりゃく)3年(949)延祥がさきに維摩会(ゆいまえ)講師になったため,尾張(おわり)(愛知県)熱田神宮に隠棲するが,神託により奈良にかえる。4年維摩会講師。少僧都。康保(こうほう)4年5月死去。78歳。没年は一説に天禄(てんろく)元年。京都出身。俗姓は多治。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

壱和の関連キーワードアショット村上天皇村上天皇村上天皇冷泉天皇摂関政治エネルギー特別会計IHIの決算訂正ホクレンの生乳廃棄佐伯市平和祈念館やわらぎ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone