壱和(読み)いちわ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壱和 いちわ

890-967 平安時代中期の僧。
寛平(かんぴょう)2年生まれ。奈良興福寺の増利法相(ほっそう)をまなび,学識倶舎(くしゃ)宗の延祥と並び称された。天暦(てんりゃく)3年(949)延祥がさきに維摩会(ゆいまえ)講師になったため,尾張(おわり)(愛知県)熱田神宮に隠棲するが,神託により奈良にかえる。4年維摩会講師。少僧都康保(こうほう)4年5月死去。78歳。没年は一説に天禄(てんろく)元年。京都出身。俗姓は多治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android