コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売勲事件 ばいくんじけん

4件 の用語解説(売勲事件の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばいくんじけん【売勲事件】

田中義一政友会内閣の賞勲局総裁天岡直嘉が叙勲を得ようとする実業家から収賄した事件。賞勲局疑獄ともいう。私的に巨額な負債を負って苦しんでいた天岡は,1928年11月の天皇即位大礼を機に行われた大幅な叙勲に際し,東京商工会議所会頭藤田謙一,日活社長横田永之助,日魯漁業会長堤清六らから叙勲の報酬として収賄した。この事実は浜口雄幸政党内閣のもとで摘発されたが,勲章を売るという衝撃的な事件のため,政党内閣の下で相次いだ他の疑獄事件とあわせて,既成政党と財界の腐敗を世間に強く印象づけることとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ばいくんじけん【売勲事件】

1928年(昭和3)の昭和天皇即位大礼を機に行われた叙勲に際し、賞勲局総裁天岡直嘉らが叙勲を得ようとする実業家から収賄した事件。賞勲局疑獄。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

売勲事件
ばいくんじけん

勲章涜職事件」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

売勲事件
ばいくんじけん

政友会田中義一内閣の賞勲局総裁天岡直嘉(あまおかただよし)が叙勲決定に際して実業家から収賄した事件。賞勲局疑獄ともいう。1928年(昭和3)11月の天皇即位大礼を期して大幅な叙勲が行われることになっていたが、巨額の負債を抱えていた天岡は、その権限を利用して私設秘書役の鴫原亮暢と謀り、叙勲を得ようとする実業家に働きかけ多額の賄賂(わいろ)を受け取った。事件は民政党浜口雄幸(おさち)内閣にかわったのちに発覚。官権と金権の癒着、腐敗を示すこの事件は、同じ時期の鉄道疑獄事件とともに世論の激しい非難を浴びた。33年5月の第一審判決では、天岡は懲役2年、鴫原は懲役1年6月、また起訴された民間人らは贈賄罪で懲役または罰金刑を言い渡された。34年11月の控訴審でも有罪、35年9月大審院は上告棄却を決定している。[北河賢三]
『我妻栄他編『日本政治裁判史録 昭和・前』(1970・第一法規出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の売勲事件の言及

【疑獄】より

…大正末から昭和初期の政党政治は,二大政党の交代による疑獄の顕在化をもたらした。満鉄疑獄事件(1921),松島遊廓疑獄(1926),陸軍機密費事件(1926),朝鮮総督府疑獄(1929),売勲事件(1929),五私鉄疑獄(1929)など,政友・民政両党をまきこんだ疑獄は枚挙にいとまがない。その後,斎藤実挙国一致内閣を崩壊させた帝人事件(1934)は,事件そのものが〈空中楼閣〉とされ全員無罪となった。…

※「売勲事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

売勲事件の関連キーワード水野錬太郎中橋徳五郎小川平吉鈴木喜三郎前田米蔵賞勲局天岡直嘉田中竜夫望月圭介山口義一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone