コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏八木勲 なつやぎいさお

知恵蔵miniの解説

夏八木勲

日本の俳優・声優。1939年12月25日、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、劇団俳優座俳優養成所に入所した。同期生は後に「花の15期生」と呼ばれる、原田芳雄村井国夫前田吟地井武男・太地喜和子らがいる。66年、俳優座養成所卒業と同時に東映と専属契約し「骨までしゃぶる」で映画デビュー。同年牙狼之介」をはじめとする複数の映画で主演を務めた。68年、東映を退社。その後も、三島由紀夫主宰の劇団浪蔓劇場に参加するなど、多彩な映画に出演し続け、近年は個性派の名脇役として300本以上の映画、テレビドラマに出演した。13年、「希望の国」への出演で第67回毎日映画コンクール男優主演賞と芸術選奨文部科学大臣賞映画部門を受賞。同年5月11日、すい臓癌により死去。享年73。

(2013-5-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

百科事典マイペディアの解説

夏八木勲【なつやぎいさお】

俳優。東京都生れ。一時期は夏木勲(なつきいさお)の名義で活動した。慶応義塾大学中退。文学座研究所を経て,俳優座養成所に入所した。同養成所では同期に原田芳雄地井武男・前田吟(ぎん)・栗原小巻らがおり,のちに〈花の15期生〉と呼ばれた。1966年に《骨までしゃぶる》で映画デビュー。1974年のNHKテレビ小説《鳩子の海》の脱走兵役が評判を呼んだ。1970年代後半は《人間の証明》《野生の証明》《白昼の死角》《戦国自衛隊》などの角川映画の常連となり,晩年は名脇役として活躍した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夏八木勲 なつやぎ-いさお

1939-2013 昭和後期-平成時代の俳優,声優。
昭和14年12月25日生まれ。昭和41年俳優座養成所を卒業して東映と契約。「骨までしゃぶる」でデビュー。時代劇アクション映画,やくざ映画,現代劇などに出演し,主役や敵役などを幅広く演じる。「ハムレット」など舞台や外国映画の吹き替えなどの声優としても活躍。平成25年「希望の国」で毎日映画コンクール男優主演賞,高崎映画祭最優秀主演男優賞,芸術選奨文部科学大臣賞。平成25年5月11日死去。73歳。東京出身。慶大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

夏八木勲の関連キーワードルバング島の奇跡 陸軍中野学校剣客商売スペシャル/母と娘と仁義なき戦い 頂上作戦赤い橋の下のぬるい水柳生十兵衛七番勝負大江戸を駆ける!新・極道の妻たち兵隊やくざ 強奪牙狼之介地獄斬り子連れ狼〈2〉子連れ狼〈3〉離婚しない女劔岳 点の記雲霧仁左衛門ふしぎな話野性の証明忍びの卍ショコラ出所祝い

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android