皮膚呼吸(読み)ひふこきゅう(英語表記)cutaneous respiration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「皮膚呼吸」の解説

皮膚呼吸
ひふこきゅう
cutaneous respiration

体表で行う呼吸をいう。もともと体表面は酸素を通過させることができ,進化の結果として,体表の一部が外方へ突き出て拡大されたり (鰓) ,内方へ折込んで空所になったり () して呼吸器官が形成された。ミミズヒルなど,このような特別の呼吸器官をもたない動物では皮膚呼吸にたよることになる。呼吸器官をもったものでも,皮膚呼吸をする動物は多い。したがって,皮膚呼吸量は進化の度合いに応じて減少する。たとえば人間の場合は,平均して総呼吸量の 0.5~0.6%程度の皮膚呼吸を営んでいるとされているが,カエルは全呼吸量の 30~50%である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「皮膚呼吸」の解説

皮膚呼吸【ひふこきゅう】

皮膚を通して行われる外呼吸呼吸)をいう。小型で体制の単純な水生無脊椎動物などではこれのみでこと足り,特別な呼吸器の発達をみないものが多い。二酸化炭素は特に皮膚を透過しやすく,有肺の両生類(カエルなど)で気体交換の50%近く,ヒトでは0.6%ほどが皮膚による。
→関連項目表皮

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「皮膚呼吸」の解説

ひふ‐こきゅう ‥コキフ【皮膚呼吸】

〘名〙 動物の呼吸のうち、皮膚を通じて行なわれる外呼吸。すべての動物に共通して行なわれるが、ミミズでは全呼吸量の一〇〇パーセント、蛙では五〇パーセントを占める。
※他人の顔(1964)〈安部公房〉灰色のノート「仮面で、顔の皮膚呼吸がさまたげられていたせいだろうか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「皮膚呼吸」の解説

ひふ‐こきゅう〔‐コキフ〕【皮膚呼吸】

動物で体表を通して行われる酸素炭酸ガスとの交換作用。特別の呼吸器官をもたないミミズ・ヒルなどにみられるが、カエル・ウナギなど多くの動物でえら呼吸肺呼吸と併用され、人間もわずかに行っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の皮膚呼吸の言及

【呼吸】より

…たとえば,カエルで調べたところでは,冬眠中は必要なO2の2/3以上を皮膚からとっており,CO2の排出は年間を通じて肺よりも皮膚からの方が多い。皮膚呼吸のために,カエルの皮膚はつねに湿っている必要があり,これがカエルが水辺から離れられない理由の一つである。鳥類や哺乳類では皮膚呼吸の割合はきわめて少ない。…

※「皮膚呼吸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android