コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外聴域 がいちょういき

3件 の用語解説(外聴域の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

がいちょういき【外聴域】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

外聴域【がいちょういき】

音の異常伝搬で,無声域をはさんで音波が遠距離まで到達した地域。火山や多量の火薬の爆発による音波が大気上層の25〜30km,85〜90kmにある気温の上昇しはじめる層で反射して,100〜200km,400〜500km遠方に到達する。
→関連項目内聴域

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外聴域
がいちょういき

火山爆発などのような大きな音があったとき、無音域の外側に音の聞こえる地域が現れる。この音域を外聴域または異常聴域という。音源のすぐ近くの音の聞こえる範囲を内聴域、その先の音の聞こえない範囲を無音域といい、その先のふたたび音が聞こえる区域が外聴域である。1913年(大正2)7月の浅間山の爆発では、噴火地点より50~150キロメートルの範囲が無音域で、外聴域は150~250キロメートルであった。また内聴域はおもに東方に延び、外聴域はおもに南西方向にあった。この異常伝播(でんぱ)の原因については多くの研究があるが、高空の風向と風速および気温の鉛直分布がおもな原因で、空高く成層圏に上った音がふたたび地上に降りてきたものである。なお、この外聴域については、大砲の音の伝わり方の研究からわかってきたといわれる。[大田正次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外聴域の関連キーワード異常伝搬伝搬無声音無声放電霧笛異常聴域無声無声化有声常伝導

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone