コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外聴域(読み)がいちょういき

百科事典マイペディアの解説

外聴域【がいちょういき】

音の異常伝搬で,無声域をはさんで音波が遠距離まで到達した地域。火山や多量の火薬の爆発による音波が大気上層の25〜30km,85〜90kmにある気温の上昇しはじめる層で反射して,100〜200km,400〜500km遠方に到達する。前者を第一外聴域,後者を第二外聴域という。外聴域の形は風の影響で完全なリング状とならず,多少ゆがんでいる。
→関連項目内聴域

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外聴域
がいちょういき

火山爆発などのような大きな音があったとき、無音域の外側に音の聞こえる地域が現れる。この音域を外聴域または異常聴域という。音源のすぐ近くの音の聞こえる範囲を内聴域、その先の音の聞こえない範囲を無音域といい、その先のふたたび音が聞こえる区域が外聴域である。1913年(大正2)7月の浅間山の爆発では、噴火地点より50~150キロメートルの範囲が無音域で、外聴域は150~250キロメートルであった。また内聴域はおもに東方に延び、外聴域はおもに南西方向にあった。この異常伝播(でんぱ)の原因については多くの研究があるが、高空の風向と風速および気温の鉛直分布がおもな原因で、空高く成層圏に上った音がふたたび地上に降りてきたものである。なお、この外聴域については、大砲の音の伝わり方の研究からわかってきたといわれる。[大田正次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android