コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外貨預託 がいかよたく

3件 の用語解説(外貨預託の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外貨預託
がいかよたく

政府の外国為替資金特別会計より外国為替銀行に対する外貨の預託 (輸入外貨預託制度) をいい,モフ勘定とは異なる。 1971年3月に大蔵省アメリカ短期金利の低下によるドル・シフトの増加と外貨準備の急激な増加を避けるねらいから,外国為替銀行に対し外貨準備からの外貨直接預託を開始,日本銀行輸入資金貸付制度を補完することとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

がいか‐よたく〔グワイクワ‐〕【外貨預託】

政府が、外国為替資金として、外国為替資金特別会計から外国為替を取り扱う銀行へ外貨を預けること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

がいかよたく【外貨預託】

通貨当局が保有する外貨(外貨準備)を有効に活用するためなどの理由で,それを外国為替銀行に預託することをいう。日本の代表的な外貨預託の事例は1971年3月に実施された〈輸入外貨預託〉である。当時日本は外貨準備が増加する傾向が続いていたが,本邦為替銀行が輸入業者に供与する輸入金融(本邦ローン呼ばれる)の原資は外銀借入れなど海外信用に依存していた。こうした状況のもとで,大蔵省は保有外貨の活用を図るとともに,本邦為替銀行の海外信用依存を是正し,その対外ポジション(資金ポジション)を改善するため,外国為替資金特別会計からこれら銀行に対して輸入金融の原資として外貨預託を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

外貨預託の関連キーワード外貨準備高外貨債外貨集中制度外貨準備国際流動性正貨準備HKD外貨準備高(Foreign Exchange Reserve)基軸通貨(Key Currency)香港ドル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone