外輪(読み)がいりん

デジタル大辞泉の解説

がい‐りん〔グワイ‐〕【外輪】

外側の輪(わ)。そとわ。
車輪の外側に取り付けられる鉄の覆い。
外車(がいしゃ)2」に同じ。

そと‐わ【外輪】

つま先を外側に向けて歩くこと。また、その足。⇔内輪(うちわ)
外側の輪。がいりん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がいりん【外輪】

外側の輪。そとわ。外のまわり。
車輪の外側に付けた鉄製の輪。
外車がいしや」に同じ。

そとわ【外輪】

足の先が外側に向いていること。また、そのような歩き方。そとわに。
外側の輪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がい‐りん グヮイ‥【外輪】

〘名〙
① 船の両舷側や後尾にとりつけた大きな輪。それを回転させて、船を進める。外車
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「天秤仕掛の蒸気器械にて、外輪の船なり」
② 円形をなしたそとがわ。そとの回り。
日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「旧火口の外輪は」
③ 車輪の外側につけた鉄製の輪。

そと‐わ【外輪】

〘名〙
① つま先を外側にむけるさま。また、その足。そとわに。
※改正増補和英語林集成(1886)「Sotowa(ソトワ)ノ アシ」
※門三味線(1895)〈斎藤緑雨〉一四「そとわに歩く小町もあれば」
信長公記(1598)首「清洲の城、外輪より城中を大事と用心、迷惑せられ候」
③ 外側の輪。がいりん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の外輪の言及

【外車船】より

…外輪船ともいう。推進用に外車paddle wheel(以前は外輪と呼ばれたが,現在,専門用語としては外車が広く用いられる)と呼ばれる水車のような装置を備えた船。…

※「外輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外輪の関連情報