コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多々良浜の戦 たたらはまのたたかい

百科事典マイペディアの解説

多々良浜の戦【たたらはまのたたかい】

1336年,筑前(ちくぜん)国多々良浜(現福岡市東区)で行われた足利尊氏菊池氏・阿蘇氏との合戦。同年2月尊氏は京都で新田義貞・楠木正成らに敗れて九州へ逃れたが,そこでかなりの武士を味方につけ,3月2日多々良浜の戦で大勝。
→関連項目阿蘇惟時

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たたらはまのたたかい【多々良浜の戦】

1336年(延元1∥建武3),筑前多々良浜(現,福岡市東区)で起こった足利尊氏方と菊池氏阿蘇氏との合戦。同年2月尊氏は京都で新田氏,楠木氏などに敗れ,西走して長門赤間関に至り,少弐頼尚,宗像大宮司らに迎えられて九州に入る。3月2日九州一円の武士をかなり味方につけ,足利尊氏・直義は多々良浜の決戦で大勝する。その戦況は《太平記》や《梅松論》に活写され,両軍の兵力は菊池勢4万~5万騎,足利勢300騎とも記される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の多々良浜の戦の言及

【筑前国】より

…1336年(延元1∥建武3)2月宮方の菊池武敏が大宰府を攻め,少弐貞経を自殺させた。その直後に京都を追われた足利尊氏が筑前に到着し,同年3月菊池氏の大軍を多々良浜の戦で破り,大宰府に入った。尊氏は一色範氏を鎮西管領として博多に残し東上した。…

※「多々良浜の戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多々良浜の戦の関連キーワード九州探題土岐頼遠仁木義長佐竹師義大宰府

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android