コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多々良浜の戦 たたらはまのたたかい

2件 の用語解説(多々良浜の戦の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

多々良浜の戦【たたらはまのたたかい】

1336年,筑前(ちくぜん)国多々良浜(現福岡市東区)で行われた足利尊氏と菊池氏・阿蘇氏との合戦。同年2月尊氏は京都で新田義貞楠木正成らに敗れて九州へ逃れたが,そこでかなりの武士を味方につけ,3月2日多々良浜の戦で大勝。
→関連項目阿蘇惟時

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たたらはまのたたかい【多々良浜の戦】

1336年(延元1∥建武3),筑前多々良浜(現,福岡市東区)で起こった足利尊氏方と菊池氏阿蘇氏との合戦。同年2月尊氏は京都で新田氏,楠木氏などに敗れ,西走して長門赤間関に至り,少弐頼尚,宗像大宮司らに迎えられて九州に入る。3月2日九州一円の武士をかなり味方につけ,足利尊氏・直義は多々良浜の決戦で大勝する。その戦況は《太平記》や《梅松論》に活写され,両軍の兵力は菊池勢4万~5万騎,足利勢300騎とも記される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の多々良浜の戦の言及

【筑前国】より

…1336年(延元1∥建武3)2月宮方の菊池武敏が大宰府を攻め,少弐貞経を自殺させた。その直後に京都を追われた足利尊氏が筑前に到着し,同年3月菊池氏の大軍を多々良浜の戦で破り,大宰府に入った。尊氏は一色範氏を鎮西管領として博多に残し東上した。…

※「多々良浜の戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多々良浜の戦の関連キーワード多多良浜多々良氏多々良大仏多々良寺山古墳群多々良廃寺多々良中学校秋月種道阿蘇惟直阿蘇惟成佐竹師義

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone