コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿蘇氏 あそうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿蘇氏
あそうじ

阿蘇市にある肥後国一の宮阿蘇神社大宮司家。本姓宇治氏であるが,阿蘇の姓を賜った。平安時代初期の友成以後,代々大宮司を務める。南北朝内乱期には一族が南北両朝に分かれて戦ったが,主流は南朝方に属し,菊池氏とともに九州宮方の中心となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

阿蘇氏【あそうじ】

肥後(ひご)国阿蘇神社の大宮司家。古代阿蘇谷の開発豪族で阿蘇国造(くにのみやつこ)の伝統を有し,中世に在地領主化。惣領制的武士団を形成し,惣領家は宇治氏を称する。
→関連項目肥後一揆

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あそうじ【阿蘇氏】

肥後阿蘇神社の大宮司家。小国家の首長,国造,郡司の伝統を有し,出雲の千家,宇佐の到津(いとうづ)氏などとともに古代末より系譜の明らかな地方名社の社家。宇治氏を称し,中世には武家として活躍。謡曲《高砂》にも登場。阿蘇谷の手野古墳群は同氏歴代の墳墓であるとの伝承がある。文献では1142年(康治1)大宮司宇治惟宣が年貢済物の確認を求めているのが初見。80年(治承4)大宮司となった惟泰は領家源定房の荘官の地位を兼務,翌年菊池隆直と反平氏の挙兵を共にした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿蘇氏
あそうじ

肥後(熊本県)阿蘇地方の開発豪族で、火山神と開発神の結合した祖神健磐竜命(たけいわたつのみこと)を祀(まつ)る阿蘇神社の神主家。大化前代には国造(くにのみやつこ)で阿蘇君(あそのきみ)と称す。平安時代には神主兼阿蘇郡司として祭政一致の領主となり、12世紀初頭には大宮司と称するようになった。以来、宗家は宇治姓を称し、多くの庶家を擁して菊池氏と並ぶ大武士団を形成した。南北朝期には、惟澄(これずみ)、惟武(これたけ)らの南朝方、惟村(これむら)らの北朝方に分裂し、室町時代まで対立が続いた。1451年(宝徳3)惟忠(これただ)によって統一され、益城(ましき)郡浜(はま)の館(やかた)にあって大名権力の確立を意図したが果たせず、1585年(天正13)には島津氏に敗れ、さらに豊臣(とよとみ)秀吉によって惟光(これみつ)が殺され武家大宮司の時代は終わり、以後はもっぱら祭祀(さいし)家として存続、明治に至り惟敦(これあつ)は男爵に叙せられた。[工藤敬一]
『杉本尚雄著『中世の神社と社領の研究』(1959・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の阿蘇氏の言及

【征西将軍】より

…親王は五条頼元以下少数の従者を率いて42年(興国3∥康永1)5月1日薩摩国に上陸し,征西将軍宮と称された。親王は薩摩国谷山郡(現,鹿児島市)の谷山城を本拠として谷山御所と称し,肥後国の菊池氏,阿蘇氏をはじめ南朝支持勢力の組織化に努めた。親王の先発として肥後に入っていた中院義定は菊池氏の軍勢を率いて筑後国に進出し,大宰府攻略を意図したが,九州管領(九州探題)一色道猷(範氏)の反撃によって失敗し,後退した。…

【肥後国】より

…菊池氏一族が蟠踞したところには,多く天満宮が勧請され,安楽寺領荘園(玉名荘,赤星荘,田口荘,富納荘,田島荘など)が成立したことや,中世の菊池氏が一貫して大宰府,博多への強い指向性をもつのも,このような菊池氏の出自に由来するであろう。菊池氏のほかに,古代国造の系譜をひき開発祖先神と火山神の統一である阿蘇神をまつる阿蘇氏も,12世紀の初めまでに阿蘇南郷谷を拠点に武士団を形成し,大宮司と称するに至った。南部では益城郡にあって源姓を称する木原氏が有力で,12世紀の半ばには〈国中の乱行ひとへに広実(木原)一人にあり〉といわれるような,激しい反国衙行動を展開する。…

※「阿蘇氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿蘇氏の関連キーワード多々良浜の戦一の宮[町]南北朝時代高森[町]矢部[町]阿蘇(市)御船[町]阿蘇家文書堅志田城跡阿蘇[町]熊本(県)浜の館遺跡阿蘇惟忠相良義滋甲斐宗運菊池武重懐良親王阿蘇惟澄五条頼元緒方氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android