コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多光子遷移 たこうしせんいmultiple photon transition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多光子遷移
たこうしせんい
multiple photon transition

状態の遷移に伴う光の吸収・放出では,普通は1個の光子が吸収・放出されるが,ときには2個以上の光子が吸収・放出されるような遷移が起ることがある。これを多光子遷移といい,吸収の場合を多光子吸収,放出の場合を多光子放出という。このような現象は,初めは原子線,分子線の磁気共鳴などで見出されていたが,レーザーの発展によって,放射密度の非常に大きい光を使うことが可能になり,特に多光子吸収が光に対しても観測できるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たこうし‐せんい〔タクワウシ‐〕【多光子遷移】

原子の遷移に伴い、2個以上の光子を同時に吸収または放出すること。多重遷移の一つ。光子を吸収する場合は多光子吸収、放出する場合は多光子放出という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android