コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多湖栢山 たご はくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多湖栢山 たご-はくざん

1680-1753 江戸時代中期の儒者。
延宝8年生まれ。江戸で林鳳岡(ほうこう)にまなび,信濃(しなの)(長野県)松本藩藩儒となる。京・大坂と江戸を往来し新井白石,室鳩巣(むろ-きゅうそう),安積澹泊(あさか-たんぱく),三宅観瀾(みやけ-かんらん)らとまじわった。宝暦3年4月16日死去。74歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。名は安。字(あざな)は玄泰。通称は新五郎。著作に「本藩系譜」「戊午紀行」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多湖栢山の関連キーワード大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎大英博物館銚子醤油フランクリン(Benjamin Franklin)ラランド(Joseph Jérôme Lefrançois de Lalande)日本の民家徳川家綱徳川家綱