コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜討曽我 ヨウチソガ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜討曽我
ようちそが

能の曲目。四番目物。五流現行曲。宮増(みやます)作とされている。典拠は『曽我物語』。敵(かたき)討を前に、曽我十郎(前ツレ)と五郎(前シテ)は、従者の鬼王・団三郎兄弟(前ツレ)に帰るよう説得して、母への形見と手紙を託す。後段は敵討の成功したあとの場面に変わる。十郎はすでに討たれ、敵の軍兵(後ツレ大ぜい)と戦う曽我五郎(後シテ)は、女装を装う御所の五郎丸(後ツレ)に油断して生け捕られる。前半の母を慕う兄弟と、自害してまで供をと願う家来の哀愁、後半の目覚ましい闘争場面が、対照的な効果をあげる。観世(かんぜ)流の「十番斬(ぎり)」という特殊演出では、十郎が仁田(にった)四郎に討たれる場面ほか、大ぜいとの斬り合いがあり、後半の脚本がまったく変わる。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

夜討曽我の関連キーワード切り組み・切組み・斬り組み・斬組み綿上・肩上・綿噛・綿嚙寄せ掛ける・寄掛ける夜討曽我・夜討曾我夜討曽我狩場曙松木 千冬歌舞伎狂言今めかしい十番切り南無三宝小袖曽我誰やの人寄掛ける恐れ乍ら杵屋佐吉増田正造入山形ざっく舞の本

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android