コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜討曽我 ヨウチソガ

2件 の用語解説(夜討曽我の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようちそが【夜討曽我】

謡曲。四番目物。宮増(みやます)作とされる。曽我物語に取材。曽我兄弟が、父のあだ討ちの供を願う従者の鬼王・団三郎に形見を持たせて帰らせ、夜討ちを果たす。
歌舞伎狂言「夜討曽我狩場曙(ようちそがかりばのあけぼの)」の通称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜討曽我
ようちそが

能の曲目。四番目物。五流現行曲。宮増(みやます)作とされている。典拠は『曽我物語』。敵(かたき)討を前に、曽我十郎(前ツレ)と五郎(前シテ)は、従者の鬼王・団三郎兄弟(前ツレ)に帰るよう説得して、母への形見と手紙を託す。後段は敵討の成功したあとの場面に変わる。十郎はすでに討たれ、敵の軍兵(後ツレ大ぜい)と戦う曽我五郎(後シテ)は、女装を装う御所の五郎丸(後ツレ)に油断して生け捕られる。前半の母を慕う兄弟と、自害してまで供をと願う家来の哀愁、後半の目覚ましい闘争場面が、対照的な効果をあげる。観世(かんぜ)流の「十番斬(ぎり)」という特殊演出では、十郎が仁田(にった)四郎に討たれる場面ほか、大ぜいとの斬り合いがあり、後半の脚本がまったく変わる。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夜討曽我の関連キーワード葵の上唐船雨月七騎落放下僧四番目物小塩鳥追舟籠太鼓小袖曾我

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夜討曽我の関連情報