コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜討曽我 ヨウチソガ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜討曽我
ようちそが

能の曲目。四番目物。五流現行曲。宮増(みやます)作とされている。典拠は『曽我物語』。敵(かたき)討を前に、曽我十郎(前ツレ)と五郎(前シテ)は、従者の鬼王・団三郎兄弟(前ツレ)に帰るよう説得して、母への形見と手紙を託す。後段は敵討の成功したあとの場面に変わる。十郎はすでに討たれ、敵の軍兵(後ツレ大ぜい)と戦う曽我五郎(後シテ)は、女装を装う御所の五郎丸(後ツレ)に油断して生け捕られる。前半の母を慕う兄弟と、自害してまで供をと願う家来の哀愁、後半の目覚ましい闘争場面が、対照的な効果をあげる。観世(かんぜ)流の「十番斬(ぎり)」という特殊演出では、十郎が仁田(にった)四郎に討たれる場面ほか、大ぜいとの斬り合いがあり、後半の脚本がまったく変わる。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夜討曽我の関連情報