大乗的(読み)ダイジョウテキ

デジタル大辞泉の解説

だいじょう‐てき【大乗的】

[形動]
仏教で説く大乗の道理にかなっているさま。「大乗的な教義」
個人的な利害などにとらわれずに、広い立場に立って判断・行動するさま。「大乗的見地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいじょうてき【大乗的】

( 形動 )
大乗仏教の教えにかなうさま。
自己の立場や私情を捨てて、大きく物事をとらえ行動するさま。大局的。 「 -見地」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android