コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内荘 おおうちのしょう

百科事典マイペディアの解説

大内荘【おおうちのしょう】

丹後国加佐郡大内郷(《和名抄》)に成立した荘園で,吉囲(よしい)荘ともいった。現京都府舞鶴市上安(うやす)に字名〈吉井〉があり,同所を含む一帯に比定される。大内郷は1184年開発領主平辰清から八条院女房弁殿御局に寄進されたが(ただし地頭職は留保),このなかの1部〈吉囲荘本家職〉がさらに八条院に寄進され,女房弁局はその預所に補任された。その後1338年には〈大内郷吉囲荘領主職〉のうち下地3分の1が,辰清の子孫2人から東寺(教王護国寺)に寄進されている(領主職は辰清が先に留保した地頭職を意味する)。このあと東寺領吉囲荘は大内荘とよばれるようになったが,14世紀には六波羅蜜(ろくはらみつ)寺領と推定される大内荘が史料にみえ,15世紀には北野社(北野天満宮)領吉囲荘(大内荘)も存在した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおうちのしょう【大内荘】

丹後国加佐郡(現,京都府舞鶴市の一部)の荘園。東寺領。開発領主平辰清は1184年(元暦1)子孫の地頭職所帯を条件にして八条院女房弁局に寄進したが,同局は86年(文治2)預所職=領主職を留保して本家職を八条院に寄進した。1315年(正和4)にいたって領主職を源時重・政茂が半分ずつ分けて伝領したが,38年(延元3∥暦応1)時重・政茂は下地3分の2を子孫相伝とし,残り3分の1を東寺御影堂に寄進した。そして本家年貢60石のうち20石を長日理趣三昧の供料に資し,廿一口供僧の進止にまかせた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大内荘の関連キーワード舞鶴[市]六波羅蜜寺芳賀氏

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android