コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内菱 オオウチビシ

デジタル大辞泉の解説

おおうち‐びし〔おほうち‐〕【大内×菱】

唐花菱(からはなびし)の一種。凹凸のある花菱。
江戸中期、元禄(1688~1704)のころ流行したヒシの花の形の染め文様。周防の領主大内家の紋がヒシであったところからの名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおうちびし【大内菱】

染め模様の一。花菱を二重菱で囲んだもの。元禄(1688~1704)頃流行。周防すおうの大内氏の家紋に似るところからいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報