大原利明(読み)おおはら としあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原利明 おおはら-としあき

?-1825 江戸時代後期の和算家。
本多利明,ついで関流の日下(くさか)誠にまなぶ。寛政11年最上流の会田安明門人となるが,文化7年破門され,関流にもどった。文政8年5月4日死去。武蔵(むさし)足立郡(あだちぐん)梅田村(東京都)出身。初名は理正。通称は彦兵衛,勝右衛門。号は梅田。著作に「陰陽暦術」「精要算法解」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android