大友真鳥(読み)おおとものまとり

世界大百科事典 第2版の解説

おおとものまとり【大友真鳥】

浄瑠璃の曲名。1662年(寛文2)刊の上総少掾藤原正信と63年刊の出羽掾藤原信勝の正本が現存。ともに五段。義太夫正本や後期の江戸板もある。相違点もあるが,大筋は九州探題大友真鳥の謀反を高村正道・兼道父子が打倒せんとするもので,最後には己の運命を悟った真鳥が自分の首を兼道に与える。豪胆な兼道と謀反人ながら大人物として描かれた真鳥との応対が爽快。竹田出雲作《大内裏大友真鳥》は本曲の改作。【山本 吉左右】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

大友真鳥
おおとものまとり

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
延宝3.9(江戸・大和守邸)

大友真鳥
(通称)
おおとものまとり

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
大内裏大友真鳥
初演
享保11.5(大坂・嵐座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android