コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大友真鳥 おおとものまとり

1件 の用語解説(大友真鳥の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおとものまとり【大友真鳥】

古浄瑠璃の曲名。1662年(寛文2)刊の上総少掾藤原正信と63年刊の出羽掾藤原信勝の正本が現存。ともに五段。義太夫正本や後期の江戸板もある。相違点もあるが,大筋は九州探題大友真鳥の謀反を高村正道・兼道父子が打倒せんとするもので,最後には己の運命を悟った真鳥が自分の首を兼道に与える。豪胆な兼道と謀反人ながら大人物として描かれた真鳥との応対が爽快。竹田出雲作《大内裏大友真鳥》は本曲の改作。【山本 吉左右

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大友真鳥の関連キーワード奥浄瑠璃金平本古浄瑠璃寄進浄瑠璃京浄瑠璃稽古浄瑠璃薩摩節浄瑠璃本床浄瑠璃六段目

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone