コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障泥/泥障 アオリ

デジタル大辞泉の解説

あおり〔あふり〕【障泥/泥障】

馬具の付属具。鞍橋(くらぼね)四緒手(しおで)に結び垂らして、馬の汗や蹴(け)上げるを防ぐ。下鞍(したぐら)の小さい大和鞍水干鞍に用い、毛皮や皺革(しぼかわ)で円形に作るのを例とするが、武官は方形として、「尺(さく)の泥(あおり)」と呼んで用いた。

しょう‐でい〔シヤウ‐〕【障泥】

あおり(障泥)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

障泥/泥障の関連キーワード宇津江四十八滝県立自然公園木馬(もくば)障泥・泥障障泥∥泥障樋貫・飛貫天馬塚古墳障泥を打つ千鳥破風障泥烏賊牧野古墳四緒手天馬塚樋貫鐙摺泥障鞍橋馬具煽る

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android