障泥/泥障(読み)アオリ

デジタル大辞泉の解説

あおり〔あふり〕【障泥/泥障】

馬具の付属具。鞍橋(くらぼね)四緒手(しおで)に結び垂らして、馬の汗や蹴(け)上げるを防ぐ。下鞍(したぐら)の小さい大和鞍水干鞍に用い、毛皮や皺革(しぼかわ)で円形に作るのを例とするが、武官は方形として、「(さく)の泥(あおり)」と呼んで用いた。

しょう‐でい〔シヤウ‐〕【障泥】

あおり(障泥)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐でい シャウ‥【障泥】

〘名〙 馬具の一つ。毛皮などでつくり、馬腹の両脇にかけて泥よけにしたもの。あおり。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android