コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大姉 ダイシ

デジタル大辞泉の解説

だい‐し【大姉】

比丘尼(びくに)または地位のある在家の女性を敬っていう語。
女性の法名につける称号。男性の居士(こじ)に対するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおあね【大姉】

一番上の姉。長姉。

だいし【大姉】

〘仏〙
在俗の女性仏教徒。また、女性出家者を敬っていう語。
女性の戒名の末尾に添える語の一。男性の居士こじに相当する。 → 居士

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大姉の言及

【戒名】より

… これでわかるように,戒名は本来は生前に仏教に帰依して優婆塞(うばそく),優婆夷(うばい),または沙弥,沙弥尼の戒律を受けたとき付けるべきものである。これを逆修(ぎやくしゆう)戒名というが,これを表すものが居士(こじ),大姉(だいし),信士,信女などの位号と呼ぶものである。これは生前に受戒入道して仏道修行をしたという意味である。…

※「大姉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大姉の関連キーワード本居宣長墓〈樹敬寺〉祐徳稲荷神社宇田川榕菴尾高 勇小姉さん織田瑟々比丘尼法名びく在家地位称号在俗濃姫居士長姉戒名

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大姉の関連情報