大姉(読み)ダイシ

デジタル大辞泉の解説

だい‐し【大姉】

比丘尼(びくに)または地位のある在家の女性を敬っていう語。
女性の法名につける称号。男性の居士(こじ)に対するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおあね【大姉】

一番上の姉。長姉。

だいし【大姉】

〘仏〙
在俗の女性仏教徒。また、女性出家者を敬っていう語。
女性の戒名の末尾に添える語の一。男性の居士こじに相当する。 → 居士

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐あね おほ‥【大姉】

〘名〙 最年長の長姉。伯姉。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「『娘などのあると聞きしはありや』『三人侍しは、大あねはなくなりさぶらひにき』」

だい‐し【大姉】

〘名〙
① 姉や、年長で婦徳の備わった女性を敬っていう語。
※江戸繁昌記(1832‐36)四「大姉、煙を隔てて小妹を喚び、楼婆(〈注〉やりて)、火を踏で丫児を導く」 〔漢書‐外戚伝〕
仏語比丘尼(びくに)または地位のある在家の女性信者を敬っていう語。仏門にはいった在俗の女性。〔書言字考節用集(1717)〕 〔行事鈔‐下三〕
③ 仏語。女子の死後、その法名の下に付ける称号。男子の「居士(こじ)」に対するもの。
※実隆公記‐享祿元年(1528)閏九月九日「今日聖珍大姉二七日念誦」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大姉の言及

【戒名】より

… これでわかるように,戒名は本来は生前に仏教に帰依して優婆塞(うばそく),優婆夷(うばい),または沙弥,沙弥尼の戒律を受けたとき付けるべきものである。これを逆修(ぎやくしゆう)戒名というが,これを表すものが居士(こじ),大姉(だいし),信士,信女などの位号と呼ぶものである。これは生前に受戒入道して仏道修行をしたという意味である。…

※「大姉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大姉の関連情報