コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大屯山 だいとんざん Dà tún shān

2件 の用語解説(大屯山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいとんざん【大屯山 Dà tún shān】

中国,台湾省の西北端にある火山で標高1087m。陽明山,竹子山などとともに一連の火山群をつくっている。比較的最近まで火山活動が行われていたため,頂上付近には各所に硫気孔がある。火口は雨季には水がたまり天池とも称される。中腹から山麓にかけては陽明,北投などの温泉が湧出して,台北市民の保養地となっている。頂上付近の気候は日本の鹿児島県南部のそれに近く,冬季積雪を見ることがある。【西村 睦男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大屯山
だいとんざん / タートゥンシャン

台湾島北部の火山。台北の北郊16キロメートルに位置する。標高1090メートル。七星(しちせい)山(1120メートル)、紗帽(しゃぼう)山とともに大屯火山群を形成する。この火山群は安山岩と集塊岩により構成され、錐(きり)状の地形が特色で、南北22キロメートル、東西20キロメートルの地域に広がる。域内に七つの温泉があり、とくに、新北投(しんほくとう)温泉、陽明山(ようめいさん)(旧草山(そうざん))温泉、金山温泉が有名である。付近に景勝地が多く、台湾北部の一大観光地を形成している。[劉 進 慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大屯山の関連キーワード恵山至仏山斜里岳大雪山鳥海山燧ヶ岳富士火山帯焼山アレナル火山国立公園ブルカノ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone