コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山倍達 おおやま ますたつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大山倍達 おおやま-ますたつ

1923-1994 昭和-平成時代の空手家。
大正12年6月4日東京生まれ。少年時代満州(中国東北部),朝鮮拳法をまなぶ。昭和22年全日本空手道選手権で優勝。27年渡米し,プロのレスラーボクサー対戦。31年大山道場をひらき,39年国際空手道連盟極真会館設立。直接打撃制による極真空手でブームを生んだ。平成6年4月26日死去。70歳。山梨少年航空学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大山倍達の関連キーワードニコラス・ペタスニコラス ペタス空手バカ一代梶原 一騎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大山倍達の関連情報