コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶原一騎 カジワライッキ

デジタル大辞泉の解説

かじわら‐いっき〔かぢはら‐〕【梶原一騎】

[1936~1987]漫画原作者。東京の生まれ。本名、高森朝樹(あさき)。高森朝雄(あさお)の名義も使用。「巨人の星」「タイガーマスク」「あしたのジョー」など、スポーツや格闘技に材をとった作品を中心に多くの漫画原作を手がけた。他の作品に「愛と誠」「空手バカ一代」「柔道一直線」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

梶原一騎【かじわらいっき】

漫画原作者。本名高森朝雄。熊本県生れ。高校時代よりスポーツ小説を執筆し,1955年絵物語《鉄腕リキヤ》(吉田竜夫画)を発表。1962年プロレス物《チャンピオン太》(吉田竜夫画)で初の原作を手がける。
→関連項目小池一夫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶原一騎 かじわら-いっき

1936-1987 昭和時代後期の漫画原作者。
昭和11年9月4日生まれ。37年「少年マガジン」連載の「チャンピオン太」(吉田竜夫画)でデビュー。41年から連載の「巨人の星」(川崎のぼる画)が大ヒットとなる。ほかに「あしたのジョー」(高森朝雄の筆名を使用)や「愛と誠」などをかいた。昭和62年1月21日死去。50歳。熊本県出身。本名は高森朝樹。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

梶原一騎の関連キーワードタイガーマスク二世赤き血のイレブン新・巨人の星II侍ジャイアンツ新・巨人の星続 愛と誠梶原 一騎早乙女 愛大山 倍達伊達直人星飛雄馬悲愁物語柔道讃歌矢吹丈梶原

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梶原一騎の関連情報