梶原一騎(読み)カジワライッキ

デジタル大辞泉の解説

かじわら‐いっき〔かぢはら‐〕【梶原一騎】

[1936~1987]漫画原作者。東京の生まれ。本名、高森朝樹(あさき)。高森朝雄(あさお)の名義も使用。「巨人の星」「タイガーマスク」「あしたのジョー」など、スポーツや格闘技に材をとった作品を中心に多くの漫画原作を手がけた。他の作品に「愛と誠」「空手バカ一代」「柔道一直線」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

梶原一騎【かじわらいっき】

漫画原作者。本名高森朝雄。熊本県生れ。高校時代よりスポーツ小説を執筆し,1955年絵物語《鉄腕リキヤ》(吉田竜夫画)を発表。1962年プロレス物《チャンピオン太》(吉田竜夫画)で初の原作を手がける。野球漫画《巨人の星》(川崎のぼる画,1968年―1971年),高森朝雄名義のボクシング漫画《あしたのジョー》(ちばてつや画,1968年―1973年)により,〈スポーツ根性〉漫画ブームを巻き起こす。その後は青春物《愛と誠》(ながやす巧画)を発表する一方,映画製作や格闘技興行のプロデュースも行った。暴行事件により1983年一線を退く。自伝《男の星座》(原田久仁信画)が未完の遺作となった。
→関連項目小池一夫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶原一騎 かじわら-いっき

1936-1987 昭和時代後期の漫画原作者。
昭和11年9月4日生まれ。37年「少年マガジン」連載の「チャンピオン太」(吉田竜夫画)でデビュー。41年から連載の「巨人の星」(川崎のぼる画)が大ヒットとなる。ほかに「あしたのジョー」(高森朝雄の筆名を使用)や「愛と誠」などをかいた。昭和62年1月21日死去。50歳。熊本県出身。本名は高森朝樹。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梶原一騎の関連情報