コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山定一 おおやま ていいち

2件 の用語解説(大山定一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大山定一 おおやま-ていいち

1904-1974 昭和時代のドイツ文学者。
明治37年4月30日生まれ。昭和25年京大教授,のち関西学院大教授。ゲーテの研究で知られ,「ファウスト」などの名訳をのこした。リルケの「マルテの手記」を最初に完訳した。昭和49年7月1日死去。70歳。香川県出身。京都帝大卒。訳書はほかに「ゲーテ詩集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大山定一
おおやまていいち
(1904―1974)

独文学者。香川県生まれ。京都帝国大学独文科卒業。京大教授。リルケの紹介と研究の先駆者。『マルテの手記』(1939)の最初の翻訳者であり、流麗、精緻(せいち)な名訳として世評が高い。そのほかトーマス・マン、ホフマンスタール、ゲーテなどに関するドイツ文学の紹介に多大な功績を残した。主著に『作家の歩みについて―トーマス・マン覚書』『リルケ雑記』『文学ノート』、翻訳に『ゲーテ詩集』『ファウスト』、ホフマンスタールの『アンドレアス』がある。[岩崎武夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大山定一の関連キーワード独文池田浩士伊藤武雄(5)上道直夫上村清延轡田収高辻知義鼓常良原田義人山岸光宣

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone