コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山崎離宮八幡宮 おおやまざきりきゅうはちまんぐう

百科事典マイペディアの解説

大山崎離宮八幡宮【おおやまざきりきゅうはちまんぐう】

京都市大山崎町に鎮座する離宮八幡宮の通称。主祭神酒解(さかとけ)大神。旧府社。〈油の神様〉として著名。天王(てんのう)山南麓,西国(さいごく)街道に面し,淀(よど)川遡上で京都へ到る入口という水陸交通の要地にあって,平安末ごろから付近の住人が石清水(いわしみず)八幡宮の神人として荏胡麻(えごま)油を商った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone