大岳祖益(読み)だいがく そえき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岳祖益 だいがく-そえき

?-1503 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。伊豆(いず)田方郡(静岡県)最勝院の鳳庵英麟(ほうあん-えいりん)に師事し,その法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,のち陸奥(むつ)白河(福島県)の古寺を再興して関川(関銭)寺と名づけ,1世となった。文亀(ぶんき)3年4月18日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android