コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岳祖益 だいがく そえき

1件 の用語解説(大岳祖益の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岳祖益 だいがく-そえき

?-1503 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。伊豆(いず)田方郡(静岡県)最勝院の鳳庵英麟(ほうあん-えいりん)に師事し,その法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,のち陸奥(むつ)白河(福島県)の古寺を再興して関川(関銭)寺と名づけ,1世となった。文亀(ぶんき)3年4月18日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大岳祖益の関連キーワードブロアユリウス[2世]京阪中之島線ノストラダムスカルシウムケイマン[諸島]ペルッツィモナ・リザ朝倉貞景朝倉宗滴

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone