コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岳祖益 だいがく そえき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岳祖益 だいがく-そえき

?-1503 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。伊豆(いず)田方郡(静岡県)最勝院の鳳庵英麟(ほうあん-えいりん)に師事し,その法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,のち陸奥(むつ)白河(福島県)の古寺を再興して関川(関銭)寺と名づけ,1世となった。文亀(ぶんき)3年4月18日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大岳祖益の関連キーワード戦国時代室町曹洞

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android