コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島久直 おおしま ひさなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島久直 おおしま-ひさなお

1848-1928 明治-大正時代の軍人。
嘉永(かえい)元年9月5日生まれ。明治4年陸軍中尉。日清(にっしん)戦争では歩兵第六旅団長。のち台湾総督府参謀長,陸軍大学校長。日露戦争では第九師団長として旅順攻撃に参加。39年大将。昭和3年9月28日死去。81歳。出羽(でわ)久保田(秋田県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大島久直

没年:昭和3.9.27(1928)
生年:嘉永1.9.5(1848.10.1)
明治大正期の陸軍軍人。秋田藩士の子。西南戦争従軍後,陸軍省総務局次長などを歴任。明治23(1890)年6月から通算約3年間陸軍大学校校長を務め,幕僚,教官,指揮官の養成,特に用兵高等化に尽力。教え子には,田中義一,山梨半造らがいる。日清戦争では第1軍第3師団第6旅団長として海城で戦い,多数の犠牲者を出す。日露戦争では第3軍第9師団長として,旅順包囲作戦を行う。ロシア軍陣地の正面占領と同軍防御線分断をめざし,包囲線を構築した。39年5月大将に進み,近衛師団長,教育総監を歴任。<参考文献>上法快男編『陸軍大学校』,海野福寿『日清・日露戦争』

(山村義照)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大島久直の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大島久直の関連情報