コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島宇吉 おおしまうきち

2件 の用語解説(大島宇吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大島宇吉
おおしまうきち

[生]嘉永5(1852).3.6. 尾張
[没]1940.12.31.
『新愛知』 (現在の『中日新聞』) の創刊者。自由民権運動に参加したのち 1887年『愛知絵入新聞』を創刊。翌年『新愛知』と改題。政友会系の新聞として発展させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島宇吉 おおしま-うきち

1852-1940 明治-昭和時代前期の新聞経営者,政治家。
嘉永(かえい)5年3月6日生まれ。明治20年「愛知絵入新聞」を発刊。21年改題して「新愛知新聞」(「中日新聞」の前身)を創刊する。昭和8年東京に進出し「国民新聞」の経営にあたった。愛知県会議員をへて,大正8年衆議院議員(政友会)。昭和15年12月31日死去。89歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大島宇吉の関連キーワード唐橋在正岡田美津観世喜之(初代)佐久間文吾十時弥中川浄益(10代)中御門経隆松木直亮松平頼安山名義路

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone