コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島正健 おおしま まさたけ

3件 の用語解説(大島正健の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島正健 おおしま-まさたけ

1859-1938 明治-昭和時代前期の言語学者。
安政6年7月25日生まれ。札幌農学校第1期生。母校の教授をへて同志社教授,甲府中学校長などをつとめる。中国古韻学の研究で知られ,「韻鏡音韻考」「支那古韻史」などをあらわした。昭和13年3月11日死去。80歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。著作はほかに「クラーク先生とその弟子たち」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大島正健

没年:昭和13.3.11(1938)
生年:安政6.7.15(1859.8.13)
明治大正期の教育者。相模国(神奈川県)高座郡海老名中新田の名主大島正博,縫の4男。明治6(1873)年谷資敬の勧めで上京,東京英語学校を経て,同9年札幌農学校第1期として入学。同10年W.S.クラークの感化で「イエスを信ずる者の契約」に署名,アメリカ・メソヂスト監督教会のM.C.ハリスより受洗。同13年7月開拓使御用係,同10月札幌農学校予科教員として数学,和漢学,地理学を担当する。札幌基督(札幌独立基督)教会を内村鑑三らと創設,同19年按手礼を受けないまま牧師に就任。同22年札幌農学校教授予科主任となるが,同25年同級生であった校長心得の佐藤昌介により教授と牧師の兼務不可なることを注意され,牧師を辞任。翌年新島襄との約束にしたがい京都の同志社教授として赴任。同29年私立奈良中学校長となり,その後山梨県立甲府中学校長,宮崎県立宮崎中学校長などを歴任。キリスト教に基づく全人教育を施したクラーク精神を説いて教育界に大きな足跡を残した。また音韻学者としては昭和3(1928)年に『支那古韻史』で文学博士となり,同7年より東京文理科大学講師。札幌農学校時代に2期生内村鑑三の改宗に力をつくし,札幌バンドを形成,その後も終生の友として内村を支えた。<著作>『国語と語根とその分類』『漢音呉音の研究』,大島正満・智夫補訂『クラーク先生とその弟子たち』

(大濱徹也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大島正健
おおしままさたけ
(1859―1936)

漢字音研究家。相模(さがみ)国(神奈川県)に生まれる。札幌農学校卒業。1889年(明治22)母校教授となり、その後各地の旧制中学校校長などを歴任、東京文理科大学講師(1932~34)も務めた。中国の韻図で、漢字音の体系を43図に図示した『韻鏡(いんきょう)』の研究に力を注ぎ、『韻鏡音韻考』『韻鏡新解』『改訂韻鏡』『韻鏡と唐韻広韻』などを著し、さらに、中国漢字音、日本漢字音に関する『支那(しな)古韻史』『漢音呉音の研究』『翻切(ほんせつ)要略』『字音かなづかひ便法』など数多くの業績を残した。[沼本克明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大島正健の関連キーワード国府津伊東春義刑部真琴坂本竜之輔田沼志ん富樫常治中村宗平長谷川一郎長谷川雷助宮崎嘉重

大島正健の関連情報