コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大庭御野 おおばのみの

2件 の用語解説(大庭御野の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大庭御野【おおばのみの】

大阪府守口市淀川南岸,河内国茨田(まんだ)郡の大庭と汎称された地域にあった皇室領荘園。掃部寮(かもんのりょう)領で,大庭荘ともいう。《遊女記》に〈掃部寮大庭庄〉とみえるのが初見だが,起源は《令集解》(職員令掃部司の〈古記〉注)にみえる〈茨田葦原〉,《延喜式》(掃部寮)記載の(蒋沼一百九十町)にまでさかのぼるものと推測される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおばのみの【大庭御野】

河内国茨田郡(現,大阪府守口市)の皇室領荘園。掃部寮(かもんのりよう)領。律令時代に置かれた掃部寮所管の〈蔣沼(こもぬ)〉190町に由来し,淀川河畔の沼沢原野に群生する真菰(まこも)・菅の類を,宮中で用いる薦・畳等の原料として貢進した。大庭御野は,菅生野・太瀬野・外野などの原野から成り,御野の管理と菰・菅等の貢進をつかさどる供御所が置かれ,住人は供御人として同所に所属し,掃部寮の諸役をつとめた。鎌倉末,1323年(元亨3)の〈掃部寮領大庭御野供御人等申状案〉(摂津勝尾寺文書)によると,同御野は文武天皇の大宝年中(701‐704)に庄号を立てられ,禁裏仙洞の供御や諸神諸社の祭礼役をもっぱら務めてきたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大庭御野の関連キーワード守口市大阪国際大学関西医科大学茨田の堤守口守口大根守口漬エスティック佐竹化学機械工業敷島住宅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone