コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大悟法利雄 だいごぼう としお

1件 の用語解説(大悟法利雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大悟法利雄 だいごぼう-としお

1898-1990 大正-昭和時代の歌人。
明治31年12月23日生まれ。大正7年若山牧水の「創作」にはいる。のち改造社で大橋松平と「新万葉集」「短歌研究」を編集。昭和21年「新道」を創刊,復刊「創作」と合流し,選者となった。平成2年11月26日死去。91歳。大分県出身。中津中学卒。歌集に「伊豆」,研究書に「若山牧水伝」など。
【格言など】物はまだ豊かなるなり食ふ物も着るものもすべて偏れるのみ(「翼」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大悟法利雄の関連キーワード印僑海部俊樹内閣ドイツ統一社会小説女性労働中国脅威論大阪府の要覧牧瀬里穂田中里衣悪魔くん

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone