コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛魚(読み)トビウオ

デジタル大辞泉の解説

とび‐うお〔‐うを〕【飛魚】

トビウオ科の海水魚。全長約35センチ。背中が銀青色、腹が白い。大きな胸びれ・腹びれを広げて海面上を飛ぶ。本州中部以南に分布。食用。ほんとび。あご。つばめうお。とんぼうお。とび。 夏》
ダツ目トビウオ科海水魚の総称。体は筒形で長い。胸びれ・腹びれが著しく大きく、尾びれ下部も大きい。外洋の表層を群遊し、危険にあうと水から飛び出して飛行する。日本近海にはトビウオ・ハマトビウオ・ホソトビウオ・ツクシトビウオなどがみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あご【飛魚】

トビウオの異名。

とびうお【飛魚】

ダツ目トビウオ科の海魚の総称。多くは全長20~35センチメートル。体は円筒形で細長い。胸びれが発達して翼状になり、これを用いて海面上を滑空し、時には時速60キロメートルで300メートル 以上も飛ぶ。日本近海には、トビウオ・ハマトビウオ・ホソトビウオなど約30種がいる。
の一種。全長35センチメートル。体はやや側扁し、背面が幅広く平たい。胸びれは大きい。背は青黒色、腹は銀白色。食用。本州中部以南の暖海に広く分布する。ホントビ。アゴ。ツバメウオ。ツバクロウオ。トビ。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

飛魚 (トビウオ)

学名:Cheilopogon ago ago
動物。トビウオ科の海水

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛魚の関連情報