コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大房岬 たいぶさみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大房岬
たいぶさみさき

千葉県南西部,東京湾湾口の館山湾北方に断崖をなして突出する岬。南房総市西部にある。砂質凝灰岩からなり,最高点は 82m。眺望に優れ,ハイキングコースやキャンプ場,海水浴場がある。南房総国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大房岬
たいぶさみさき

千葉県南部、浦賀(うらが)水道に面して突き出た南房総(みなみぼうそう)市にある岬。大房崎とも書き、だいぶさき、だいぼうざきともよばれる。最高地点は85メートルで、岬の先端部は平坦(へいたん)である。北は富浦の砂浜海岸が広がり、南・西側には海食崖(がい)が続く。第二次世界大戦中は軍の要塞(ようさい)地帯であったが、現在は南房総国定公園に属し、県当局の手でレクリエーション地開発が進められ、展望台、自然研究路、少年自然の家などが整備されている。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大房岬の関連キーワード千葉県南房総市富浦町多田良内房富浦

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android