コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日お竹 だいにち おたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大日お竹 だいにち-おたけ

1623-1680 江戸時代前期の女性。
元和(げんな)9年生まれ。江戸大伝馬町の佐久間勘解由(かげゆ)家の台所下働き。自分の食物を乞食にほどこし,みずから水盤の隅に網をはって飯の洗い流しをうけて食事とした。その水盤に光明がさしたといわれ,大日如来の化身と称された。延宝8年5月19日死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大日お竹の関連キーワード元和

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android