大日古墳(読み)だいにちこふん

国指定史跡ガイドの解説

だいにちこふん【大日古墳】


山口県防府市高井にある古墳。佐波川右岸、西目山山麓の標高約25mの丘陵上にある前方後円墳。全長約45m、前方部の幅約20m、後円部の径約19m。後円部に南面して開口した横穴式石室がある。石室は花崗岩の割り石でつくられ、羨道(せんどう)と玄室とに分かれている。玄室は奥行き3.6m、幅2.1m、高さ2.5mで、羨道の長さは約9.7mである。玄室の中央に凝灰岩製の刳()り抜き式家形石棺が置かれている。その形状から、7世紀中葉の終末期古墳の一つと考えられている。山口県で出土した家形石棺は例が少なく、考古学上も貴重である。1948年(昭和23)に国の史跡に指定された。江戸時代に発掘されたが、すでに副葬品は残っていなかったという。被葬者については、大内氏の祖とされる琳聖太子(りんしょうたいし)の墓とする伝承や、当地の県主(あがたぬし)であった土師連猪手(はじのむらじいて)とする説があるが、定かではない。JR山陽本線防府駅から防長バス「右田(みぎた)」下車、徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android