コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日古墳 だいにちこふん

防府市歴史用語集の解説

大日古墳

 西目山のふもとに造られた大型の前方後円墳[ぜんぽうこうえんふん]で、7世紀に造られました。家形石棺[いえがたせっかん]が置かれており、畿内[きない]の影響を強く受けています。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

だいにちこふん【大日古墳】


山口県防府市高井にある古墳。佐波川右岸、西目山山麓の標高約25mの丘陵上にある前方後円墳。全長約45m、前方部の幅約20m、後円部の径約19m。後円部に南面して開口した横穴式石室がある。石室は花崗岩の割り石でつくられ、羨道(せんどう)と玄室とに分かれている。玄室は奥行き3.6m、幅2.1m、高さ2.5mで、羨道の長さは約9.7mである。玄室の中央に凝灰岩製の刳()り抜き式家形石棺が置かれている。その形状から、7世紀中葉の終末期古墳の一つと考えられている。山口県で出土した家形石棺は例が少なく、考古学上も貴重である。1948年(昭和23)に国の史跡に指定された。江戸時代に発掘されたが、すでに副葬品は残っていなかったという。被葬者については、大内氏の祖とされる琳聖太子(りんしょうたいし)の墓とする伝承や、当地の県主(あがたぬし)であった土師連猪手(はじのむらじいて)とする説があるが、定かではない。JR山陽本線防府駅から防長バス「右田(みぎた)」下車、徒歩約15分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

大日古墳の関連キーワード高井山寄古墳群水津邸内古墳防府[市]琳聖太子大内玄室

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android