コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大明竹 タイミンチク

大辞林 第三版の解説

たいみんちく【大明竹】

イネ科タケササ類の一種。沖縄原産。暖地で栽培。稈かんは叢生そうせいし、高さ約3メートル。枝は数個ずつ節につき、葉は線形で厚く、軽くよじれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大明竹 (ダイミョウダケ)

植物。イネ科の常緑竹,園芸植物。カンザンチクの別称

大明竹 (ダイミョウチク)

植物。イネ科の竹,園芸植物。ナリヒラダケの別称

大明竹 (ダイミョウチク)

植物。イネ科の常緑竹,園芸植物。メダケの別称

大明竹 (タイミンチク)

学名:Pleioblastus gramineus
植物。イネ科の常緑竹,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

大明竹の関連キーワード暖地一種叢生数個

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android