大智浩(読み)おおち ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大智浩 おおち-ひろし

1908-1974 昭和時代のグラフィック-デザイナー。
明治41年8月10日生まれ。戦後,出光(いでみつ)興産のマークのデザインなどを制作,理論派としても知られた。実践女子大教授,海外デザイン交流協会会長をつとめた。昭和49年7月18日死去。65歳。岡山県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。著作に「デザインの基礎」「デザインの色彩計画」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android