大智浩(読み)おおち ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大智浩 おおち-ひろし

1908-1974 昭和時代のグラフィック-デザイナー。
明治41年8月10日生まれ。戦後,出光(いでみつ)興産のマークのデザインなどを制作,理論派としても知られた。実践女子大教授,海外デザイン交流協会会長をつとめた。昭和49年7月18日死去。65歳。岡山県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。著作に「デザインの基礎」「デザインの色彩計画」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android