コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大杉峡谷 おおすぎきょうこく

3件 の用語解説(大杉峡谷の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大杉峡谷【おおすぎきょうこく】

大杉谷とも。三重県中南部,奈良県境の大台ヶ原山に発する宮川最上流の峡谷。原始林におおわれた断崖の下を千尋(せんびろ)滝,ニコニコ滝など多くの滝をなして流れる。中世まで伊勢神宮の式年造営材が伐り出されていたとされる。
→関連項目三重[県]宮川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおすぎきょうこく【大杉峡谷】

三重県南部,多気郡宮川村にあり,宮川の最上流部の峡谷で大杉谷ともいう。年間降水量5000mm以上の多雨地である大台ヶ原山(1695m)の東麓にある峡谷で,日本有数の美林地をなしている。密林のなかにある千尋滝,堂倉滝,巴滝など20余の豪壮な飛瀑や峡谷と原生林からなる。吉野熊野国立公園の一部で,1972年大杉谷として天然保護区域に指定された。豊富な降水量を利用するため1957年堤高88.5m,有効貯水量5万6500m3の宮川ダムが建設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕大杉峡谷(おおすぎきょうこく)


三重県南西部、宮(みや)川最上流部の峡谷。延長約10km。V字形に深く刻まれ、落差150mの七ツ釜(ななつがま)滝や千尋(せんぴろ)滝など大小二十余の瀑布(ばくふ)や急崖(きゅうがい)、激流がみられ、周辺には原生林が広く残る。吉野熊野(よしのくまの)国立公園に属する。山腹を林道が走り、大台ヶ原(おおだいがはら)山への登山道が通じる。大杉谷ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大杉峡谷の関連キーワード宮川香齋大杉谷新宮川多気宮南紀宮川町宮川派大台[町]宮川[村]東獅子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大杉峡谷の関連情報