コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大気圧機関 たいきあつきかん

百科事典マイペディアの解説

大気圧機関【たいきあつきかん】

英国のニューコメンが発明,1712年実用化した一種の蒸気機関ボイラーからの蒸気をシリンダーに供給後,シリンダー中に冷却水を注入して蒸気を凝縮させ,生ずる真空と大気圧との圧力差でピストンを動かす。
→関連項目ニューコメン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大気圧機関
たいきあつきかん

大気の圧力で動く機関。1712年、イギリスのニューコメンによって発明された。ボイラーで発生した蒸気をシリンダー内に導き、ピストンを押し上げる。次にシリンダー内に水を噴出させて冷却すると、蒸気は凝結し、シリンダー内が真空状態になり、大気圧によりピストンは押し下げられる。ふたたびシリンダー内に蒸気を導き、ピストンを押し上げ、前と同じことを繰り返し、ピストンの往復運動を利用し、排水用ポンプを動かす。ワットの蒸気機関が現れるまで約半世紀間、鉱山の排水用ポンプを動かす動力機械として使用された。しかし多量の燃料を必要とし、効率はきわめて悪かった。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大気圧機関の言及

【蒸気機関】より

…この機関は直立のシリンダー中に水を入れ,外部から加熱と冷却とを繰り返すものであって,実際的には成功しなかったが,水の沸騰によって生ずる蒸気の力でピストンをもち上げ,次に蒸気を凝縮させピストンを引き下げるしくみのものであった。 以上のような経過をとってきた蒸気機関は,1712年ころ実用化されたT.ニューコメンのいわゆる大気圧機関の発明によって,現在の形式への第一歩をふみだした。この機関はシリンダーと蒸気を発生するボイラーとを分離したもので,図2に示す構造をとっている。…

【ニューコメン】より

…最初の実用的な蒸気機関(大気圧機関)の発明者。イギリス,デボンシャーのダートマスの生れ。…

※「大気圧機関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大気圧機関の関連キーワードスティーブンソン(George Stephenson)ワット(James Watt)キュニョーエンジンオットーパパン熱効率

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android