コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大気汚染による健康障害 たいきおせんによるけんこうしょうがい

1件 の用語解説(大気汚染による健康障害の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

たいきおせんによるけんこうしょうがい【大気汚染による健康障害】

 一酸化炭素二酸化硫黄(にさんかいおう)、二酸化窒素(にさんかちっそ)、浮遊粒子状物質オキシダントの5つが、環境基準によって、大気中の濃度を継続して調査する物質に定められています。
 日本では、産業の発展が先行し、大気汚染対策が遅れたため、1961年以降、石油関連産業の臨海工業地帯四日市市で、気管支ぜんそくのような症状を訴える人が多発し、四日市(よっかいち)ぜんそくと呼ばれました。この四日市ぜんそくは、二酸化硫黄濃度との間に強い関連がみられることが報告され、大気汚染による公害病の代表的な事例になっています。
 また、1970年には、光化学大気汚染に関連して、目や気道の刺激症状を訴える人が出て、なかには、呼吸困難けいれん発作、意識障害で入院する人もいました。いわゆる光化学(こうかがく)スモッグ事件です。
 大気汚染との関係が比較的明らかになったこれらの症状は、その後、大気汚染対策が進んだ結果、しだいにみられなくなってきています。
 1987年の政府の専門委員会の報告書では、現状の大気汚染は、気管支ぜんそくや慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん)(慢性気管支炎肺気腫(はいきしゅ)など)の発症になんらかのかかわりをもっていることは否定できないが、過去のようなかかわりはみられないと報告しています。
 しかし、自動車通行量の多い自動車道沿道では、調査の確保が必要であるとしています。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone