コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内城 おおかわちじょう

日本の城がわかる事典の解説

おおかわちじょう【大河内城】

三重県松阪市にあった平山城(ひらやまじろ)。同城は、さほど高くはない丘陵の北端に築造され、東に阪内川、北に矢津川が流れ、これを自然の堀としていた。城の南・西側は急な崖になっていて、本丸と西の丸の間には「まむし谷」とよばれる深い谷があった。1415年(応永22)に伊勢国司の北畠満雅が北朝方に対抗するために築き、弟・顕雅を城主にした。戦国時代に入り織田信長による伊勢侵攻が開始されると、多気城(霧山城、津市)を本拠としていた前伊勢国司の北畠具教は、嫡子・具房とともに大河内城に居城を移し、信長に対抗した。伊勢に侵攻した信長率いる織田軍は、1569年(永禄12)に阿坂城(松阪市)を落城させた後、大河内城を包囲。具教は2ヵ月に及ぶ籠城戦を行ったが、信長の次男信雄を北畠家の養子に迎えることを条件に和睦し、城を明け渡した。北畠信雄は、しばらく大河内城を居城としていたが、1575年(天正3)、田丸城(度会(わたらい)郡玉城(たまき)町)を修築して居城を移した。これにより大河内城は廃城となった。その翌年の1576年(天正4)、信雄は義父・具教を暗殺した。これにより伊勢の北畠氏は8代で途絶えた。現在、本丸・二の丸・西の丸跡は、それぞれ神社の社が建てられているが、曲輪(くるわ)、土塁、堀切などの遺構が残っている。かつて二の丸の北側には馬場と呼ばれる広大な曲輪があったが、この馬場跡は現在、畑や雑木林になっている。JR紀勢線松阪駅、近鉄山田線松阪駅からバス、大河内下車。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内の大河内城の言及

【大河内】より

…とりわけ北畠満雅の弟顕雅を祖とする大河内氏が,いわゆる三御所(大河内,坂内,田丸御所)の一つとして永禄年間(1558‐70)までここに居住し,北畠本宗家と濃密な関係を維持したため,行政上はむしろ大河内が本城の観を呈した。1569年織田信長の南勢侵入に抗し,北畠具教・具房は大河内城に籠城したが,優勢な織田軍を支えきれず,信長の次男信雄の北畠氏継嗣を認めざるをえなかった。現在,坂内川右岸に大規模な城館跡が残っている。…

【多気城】より

…山下に本格的な城下町があったとされるが(神宮文庫蔵多気城下古図),詳細は不明。1569年(永禄12)織田信長の侵攻に際し北畠氏は多気城を出,総力をあげて大河内(おかわち)城(現,松阪市)にこもって戦ったが敗れ,のち76年(天正4)に族滅する。【西山 克】。…

【玉丸城】より

…その後北畠氏は多気(たけ)城に移るが,玉丸城も同氏の支配下にあり,北畠氏の家臣愛洲(あいす)氏,さらに北畠氏の庶流田丸氏の居城となる。田丸氏は田丸御所とも呼ばれ,その居城は大河内氏の拠る大河内(おかわち)城とともに,北畠氏の南勢支配の最重要拠点であった。1569年(永禄12)織田信長の侵攻後,その次男信雄(のぶかつ)の拠るところとなり,80年(天正8)信雄が細頸(のち松ヶ島,現,松阪市)に移転するまで,その領国の中枢となった。…

【松阪[市]】より

…南北朝期以降,北畠氏の支配が一帯に及ぶが,戦国時代になると,1560年(永禄3)大湊(現,伊勢市)からの使船が細汲に派遣されているなど,宿場・港町として発展しつつあった。 他方,永禄年間に北畠具教(とものり)が細汲に築城し,69年織田信長の伊勢侵攻のとき,城将日置大膳亮が同城で抵抗後,自焼したと伝え,北畠勢は阪内川上流の大河内(おかわち)城に籠城し,やがて和議を結ぶ。71年(元亀2)には北畠具教は,細汲に釜をすえた他国の鋳物師(いもじ)の営業を禁止し,蛸路(たこじ)や阿波曾(あわそ)に居住する当国の鋳物師に保護を与えている。…

※「大河内城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大河内城の関連キーワード三重県松阪市大河内町大河内頼房松ヶ島城滝川一益多芸御所織田信雄北畠具教毛利新介氏家卜全坂井政尚霧山城阿坂城北畠

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android